お役立ち!廃車の料金徹底リサーチ

トップ > 廃車の料金について > 廃車にはどれぐらいの料金がかかるのか

廃車にはどれぐらいの料金がかかるのか

 不要になった車は、廃車にする必要がありますが、気になるのはその料金がいくらかかるのかということでしょう。
そこでまず知っておきたいのは、廃車手続きの方法にも種類があり、それぞれ料金が異なるということです。
廃車手続きの方法には、二度と乗らないため車を解体する場合に行う「永久抹消登録」と、一時的に使用しない場合に行う「一時抹消登録」の主に二つがあります。
また、一般的にはあまり関係ありませんが、海外に輸出する場合は「輸出抹消登録」というものが必要です。
手続き方法については、永久抹消登録の場合は、解体業者に依頼して車を解体した後に、陸運局(軽自動車の場合は軽自動車検査協会)に行って永久抹消の手続きを行うことになります。
そして一時抹消登録の場合は、解体はせずにナンバープレートだけ外して、一時抹消の手続きを行うという流れになるでしょう。

 廃車にかかる実際の料金に関しては、まず「永久抹消登録」の場合は、普通車で1万円~4万円程度かかるのが相場です。
永久抹消登録では、書類作成費用の他に、車体引取費用やリサイクル費用、そして車体解体費用がかかると言えます。
書類作成費用に関しては、行政書士などへ依頼する場合は1万円程度かかりますが、自分で作成するとタダで済ませることが可能です。
そして車体引取費用は1万円程度かかりますが、自分で解体屋まで車を持って行けば必要ありません。
リサイクル費用も1万円程度ですが、既に支払っている場合は新たに用意する必要はないでしょう。
さらに車体解体費用に関しては、これも1万円程度かかるか、または無料で引き受けてくれる場合もあります。
一方の「一時抹消登録」の場合は、書類作成費用だけで済むため、普通車の場合は1万円程度で出来ますし、自分で書類を作成する場合はタダで済ませることも可能です。

 普通に廃車を行う場合は、先ほども紹介したように数万円程度の料金がかかってしまいますが、実はお金をかけないで廃車を行う方法もあるのです。
それは買取業者に買い取ってもらうという方法であり、お金がかからないのはもちろんのこと、逆に買取のお金をもらうことが出来ます。
まだ乗れるような車であれば比較的高値で買い取ってもらえる場合もありますし、業者によってはボロボロの状態の車でも買取が可能な場合があります。
車というのは、いくらボロボロの状態でも鉄などの資源として再利用出来るため、買取業者にとっては一定の価値があるということです。
なので買取は無理に見える車でも、一度、買取業者に査定を依頼してみるとよいでしょう。
そして廃車の場合は、廃車専門の買取業者のほうが高く買い取ってもらえる場合があります。

次の記事へ